gallery trax
gallery trax
2020
2019
石川直樹展『STAY/HOME/WORK』

2020年11月14日(土)ー12月13日(日) 

*11月21日15時~トークイベント開催。 当日は、まだ書店に並んでいない新刊『地上に星座を作る』(新潮社)を先行販売、サイン会も行います。

参加費/千円

ご予約はgallerytrax4915@gmail.com にメール下さい。先着30名様まで。当日はマスク着用でお願い致します。(満席となりました。)

緊急事態宣言が発令し、外出自粛を余儀なくされた2020年前半、ぼくは身動きがとれないなか、東京の自宅で撮影をはじめました。今回展示する『STAY / HOME / WORK』は、自宅から一歩も出ずに撮影した写真で構成しています。
自室の窓を遮光シートで覆って真の闇を作りだした上で、その上に5ミリ程度の穴をあけると、一筋の光が外の風景を反転させながら部屋の壁に投影されます。自室そのものを、光学的な原理を使ったカメラの原型、すなわちカメラ・オブスキュラに仕立てあげ、自分自身がカメラの中に入ってしまう状態を作りました。
今まで意識することのなかった洋服棚の凹凸、クリームがかった白の壁紙、埃をかぶった窓枠、傷ついた机、安っぽい椅子…。それらすべてに反転した外の風景が浮かび上がることによって、閉じられた暗い部屋の四方が一挙に外界に向かって開かれていく。小さな戸建て住宅の屋根が連なる何の変哲もない街の風景が反転しながら像を浮かべていくさまは、未曾有の疫禍にさらされた日々を、新しい場所へと導く道標となりました。
自室での冒険の記録を、今回展示します。

石川直樹/1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『CORONA』(青土社)により土門拳賞、『まれびと』(小学館)、『EVEREST』(CCCメディアハウス)により日本写真協会賞作家賞を受賞。著書に開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最新刊に『地上に星座を作る』(新潮社)など。2021年1月3日まで、ブラジル・サンパウロのジャパンハウスにて『JAPONESIA』展開催中。

Ritsuko Tsutsumi新作展開催中

ギャラリーの奥からcafeに通じるスペースで堤律子さんが新作を発表しています。期間はギャラリー開廊時で来年1月まで展示されます。

堤さんの作品はフォルムもテクスチャーも毎回斬新でしたが、今回は野焼きでの焼成と藍を愛でて藍で着色等という自然回帰な作品群です。そして立体のみならず布を染めたり折ったりした着色での平面作品もあります。陶芸という枠を超えて更なる挑戦です。今までの廊下ギャラリーが堤律子ワールドになっています。

是非ゆっくりご高覧くださいませ。


山口幸士「静かな時間」

山や里が紅葉で色づき、広く深い青い空が広がっています。

山口幸士「静かな時間」が始まっています。今回はトラックス内のみならず道端の小屋も展示場になっています。いつも見慣れた風景に作品をおいてくれました。八ヶ岳の秋の風情を楽しみながら鑑賞できます。

スケートボーダーの視点で描かれた具象と抽象で油彩作品、そしてそれらはありふれた風景でありながら美しい色彩と構成で見るものの心の捉える心象風景のようです。是非ご高覧ください。

*11月3日(祝・火曜日)も営業致しております。

山口幸士 展 「静かな時間」

2020年10月24日(土)ー11月8日(日)  
火ー木曜日休廊


見慣れた風景、通りなれた道、初めて降りた駅、行きたかった場所。そんな日々の中に隠れていたかけがえのない一瞬。見過ごしてしまいそうなその瞬間をすくいあげるようにキャンバスに描きとめる。何気ない日常には見えないものが溢れている。


山口幸士 / Koji Yamaguchi


街を遊び場とするスケートボードの柔軟な視点に強く影響を受け、
日常の風景や身近にあるオブジェクトを
ペインティング、ドローイング、コラージュなど
様々な手法を用い独自の視点に転換する。
これまでに国内外の様々なブランドへアートワークを提供。
2015 年から3年間、ニューヨークでの活動を経て現在は
東京を拠点に活動している。

kojiyamaguchi.com

安野谷昌穂展 始まる



安野谷 昌穂 展  Masaho Anotani Exhibition

「日浄虹色 / Will Shine」


2020年9月19日(土)ー10月10日(日) 火曜ー木曜日休廊


22日から久保田珠美展

久保田珠美展  『マーリマールマーレ』

2020年8月22日(土)〜9月13日(日)

マーリマールマーレ 

土、水、太陽、火に触発されて、陶人形を作っていると、原始的な感覚が心身一体となり、命のサイクルを感じます。地球も、生命も、スカートも、くるくるくるくる廻り廻る廻れ〜〜〜

久保田珠美  

1978年生まれ。愛知県立芸術大学大学院美術研究科修了。国内外で個展、グループ展多数。 大胆なストロークと、混色から生まれる特有の色彩で物語を作り出す。静かなる躍動は観る者の記憶へと繋がり、様々なストーリーを想起させる。タブローの他、様々なメディアを通じて作品を発表している。 www.tamamikubota.com

「WARNING SIGNS」

DIEGO、 NANOOK、 RUSSELL MAURICE の3人による「WARNING SIGNS」が24日からスタートしました。

警告サインというテーマでサイズも色も合わせながらそれぞれの個性での表現がとてもユニークで新しいです。そしてスタイリッシュな作品と空間。

是非多くの方々に見ていただきたいと思います。

会期は8月10日(月)迄です。


雨がやんで花火とスイカ。まだ来ない夏を待ちわびて。。

高橋恭司展

梅雨の晴間。

高橋恭司作品のネットショップが開設しました。見ていただき、ご購入もできます。

https://gallerytraxshop.com

最終日19日には高橋恭司さんが撮影会をしてくださいます。

7月19日(日)3pm〜 予約制 ¥3,000

高橋恭司のフィルターでいつもと違う自分を撮ってもらいませんか?

又とないチャンス!だと思います。

高橋恭司展「花粉」

Kyoji Takahashi Exhibition.
「花粉 Le Pollen」

 2020年 7月4日(土)〜7月19日(日)
 Opening Party : 7/4(土)3pm〜 予約制・料理 ¥1500



『今日
僕は僕
ぼくたちは ぼくたち
そしてね、、、 
すべては 僕たちを培ってきた
花粉 ポレン』

ピエール バルーの1982年の名作
「花粉」ではバルーは このように言っている。


ポストコロナは、私達に 
コミュニケーションの
重要性をおしえてくれる。
私達は 共に 
笑い、けんかをして、
仲なおりをする。またふたたび
共に 美しい絵を見て、
不毛かもしれない人生を 
何とか ふたたび ささえようとしている。
髙橋恭司 2020.6.20
 
坂口恭平展終了致しました。

6月28日に坂口恭平展は無事終了致しました。最終日には熊本から恭平くんが来てくれて、2回ライブをしてくれました。テニスコーツのさやちゃんとのセッションにしびれました!異次元、彼方、尊い時間をありがとう、感謝ばかりです。

約2ヶ月に渡りましたがネットショップも含めて多くの方々に見て感じていただけて、大きな喜びと励みになりました。坂口恭平のエネルギーが充満した日々でした。皆様、本当にありがとうございました。

そして絶えず進化し続ける坂口恭平くん、目が離せません!